院長コラム

【自律神経を整える】深呼吸をしよう!

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

今日は、自律神経を整える為に有効な「深呼吸」について書きます。

自律神経の乱れると、実に様々な症状が起こります。頭痛、めまい、耳鳴り、慢性疲労、吐き気、口の渇きなどです。

通常、自律神経は自分の意思ではコントロール出来ませんが、唯一「呼吸」は自律神経にアクセス出来る手段です。呼吸を整えることによって、自律神経を整え血流が良くなります。いつでもどこでも簡単に出来ますので、ぜひお試しください!

それでは、具体的なやり方です。

通常、皆さんは胸式呼吸をしており、これは胸で息を吸うやり方です。メリットは、素早く息が吸える。デメリットは、少ししか息が吸えないです。

自律神経を整えるには、「腹式呼吸」をします。「腹式呼吸」と言われると、なんだかやり方が難しいと感じるかもしれませんが、非常に簡単なので大丈夫!

「鼻から息を吸う」これで腹式呼吸になります。口から息を吸うのと比べて頂くと、断然吸える空気の量が多いのがわかるかと思います。

では、実践です!

鼻から大きく息を吸って、ゆっくり吐き出して下さい。ポイントは、最後まで息を吐き切ること。それによって、次に自然と空気が鼻から入ってきます。これが正しい深呼吸です。落ち着いて、3分程繰り返してみてください。

最初は、とても疲れると思います。それほど、普段の呼吸とは勝手が違うということですね。ですがこの方法により、自律神経が整い、血流が良くなりますので、少々の頭痛であれば治ってしまう場合もあります。

とても効果的ですので、ぜひ取り入れてみてください。

朝起きた時、寝る前に3分やってみると、一日がスッキリ始められ、また気持ちよく眠りにつけること間違いなしですよ!

最後までお読み頂きありがとうございました。

掲載日:2020年02月22日

お困りの症状はございませんか?

当院には、あなたの辛い症状を解消に導く、明確な治療方針があります。

COLUMN院長コラム

2020.03.20

近年、医療業界も注目し始めた自律神経の働き…当院では、筋力…

2020.03.18

本日は、お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、脛の痛みとしびれについ…

2020.03.17

朝目覚めたら、首が痛くて全然動かなくなってしまっていたんです。…

2020.03.16

頭痛は、首から上への血流が悪くなることが主な原因ですが、その他…

VIEW MORE