院長コラム

知ってました?内臓や婦人科疾患からくる腰痛

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

腰痛の原因と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?

そうです。腰の筋肉が緊張しているせいですね。正解です。

ですが、実は筋肉の緊張以外でも、慢性的な腰痛は内臓が原因で起こる場合の少なくないのです。



女性の場合、特に生理の時に腰に重だるいような鈍痛を感じたりしますが、それはお腹の中の内圧が高くなってる為です。

また、子宮筋腫が要因となり、お腹の大腰筋が圧迫される場合も、腰に重だるさを感じます。さらに便秘の時も然りですね。

このように、腰痛の原因は複合的な場合も多い為、様々な方向から調整を掛ける必要があります。

具体的には、骨盤をゆるめて負担を減らしたり、大腰筋に直接アプローチして痛み軽減を狙ったりします。

また、さらに意外なところでは、食べ過ぎなどでも腰痛になるケースもあります。胃や肝臓、腎臓、十二指腸の潰瘍などの不調も腰痛の発生原因です。

この場合は、腰痛以外にも体がだるいなどの症状も出ますので、生活習慣やストレスの軽減が大切ですね。

当院では、腰痛の場合には、そのような原因も含めて検査し、必要に応じて整体施術よって、症状の回復が早まるようにサポートしています。

慢性的な腰痛でお悩みの方で気になった方は、いつでもお気軽にご相談下さい。

掲載日:2020年03月11日

掲載カテゴリー

関連キーワード

お困りの症状はございませんか?

当院には、あなたの辛い症状を解消に導く、明確な治療方針があります。

COLUMN院長コラム

2020.03.20

近年、医療業界も注目し始めた自律神経の働き…当院では、筋力…

2020.03.18

本日は、お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、脛の痛みとしびれについ…

2020.03.17

朝目覚めたら、首が痛くて全然動かなくなってしまっていたんです。…

2020.03.16

頭痛は、首から上への血流が悪くなることが主な原因ですが、その他…

VIEW MORE