自律神経失調症

自律神経の乱れと頭痛、肩こり、首の痛みの関係性

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

近年、医療業界も注目し始めた自律神経の働き…当院では、筋力に変化を指標に自律神経の乱れをチェックしています。自律神経が正常に働いているかどうかは、様々な病気や不調から回復する為にとても重要です。

そもそも、自律神経って何??( ;∀;)
という方の為に、簡単に説明しますね。

自律神経とは、平たくいえば「生きる力そのもの」と言えます(^^)/
24時間、私たちが生きる為に懸命に働いてくれています。

つまり、この自律神経に乱れが生じ正常に働かなくなるということは、「生命力そのものが弱体化」することと、同じ意味なのです。

生命力が弱くなると言う事は、「免疫力が弱る、回復力が落ちる、様々な身体の修復が進まない」などなど、様々な不具合が生じてきます。

自律神経は

・交感神経
・副交感神経


の2種類があります。

交感神経は、主に日中に働き、活動したりストレスを感じている時に働きます。

反対に、副交感神経は、眠っている時、休んでいる時に働きます。

本来、この2つの神経がバランス良く働くことにより、日中のパフォーマンスを発揮し、そして休息によって疲れを回復させています。

ところが、現代では、多くの人がこのバランスを崩してしまっています((+_+))


常に不安感やストレス過多の状態にさらされ、交感神経から副交感神経にスイッチングが出来なくなってしまっています。

すると、身体はずっと緊張状態が続いてしまい身体の休息モードに入ることが出来ません。

そうすると、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、更年期などの不調から回復しづらい状態になってしまいます。

その為、当院では自律神経を整えることを最優先に行っています。

自律神経を整えることで、本来の体にある自然治癒力が発揮され、不調は自然と改善されていきます。

ちなみに、副交感神経の働きは20代を目途に50代では半減してしまうことがわかっています。そもそもの回復力も落ちていってしまうということですね( ..)φメモ

落ち着いて、身体を整えつつ、あなたの自律神経を乱す生活習慣、思考習慣を改善して行きましょう(^^♪

掲載日:2020年03月20日

お困りの症状はございませんか?

当院には、あなたの辛い症状を解消に導く、明確な治療方針があります。

COLUMN院長コラム

2020.03.20

近年、医療業界も注目し始めた自律神経の働き…当院では、筋力…

2020.03.18

本日は、お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、脛の痛みとしびれについ…

2020.03.17

朝目覚めたら、首が痛くて全然動かなくなってしまっていたんです。…

2020.03.16

頭痛は、首から上への血流が悪くなることが主な原因ですが、その他…

VIEW MORE