「介護士」関連ページ

【症例報告⑧】ぎっくり腰

症例報告・女性

女性:30代 職業:介護士

主症状

屈んでモノを取ろうとしたところ、急に腰が激しく痛み出したとのこと。普段から、起床時に腰が痛みを感じたり、長時間イスに座ると、重だるくなったりしていたそうです。

施術

ヒアリングと、体の状態確認をしてみると、患部が熱を持っているわけではなかったようなので、腰の筋肉の緊張が原因だと判断し、腰の筋肉を軟らかくしていくことに。来院時は、痛みで歩くのもやっとの状態。今回のケースでは、通常の施術時間内で、痛みは軽減していったものの、翌日に仕事があり、より改善して行きたいとの希望があった為、時間を延長して施術。結果、痛みはまだあるものの、我慢すれば、とりあえず歩ける状態まで回復。様子を見ることとなりました。

コメント

お話をお伺いすると、以前にもぎっくり腰になった事があったとのこと。ぎっくり腰になる方は、必ず腰のどこかに硬結、もしくは石灰化した箇所があり、何か負担が発生したときに、その部分から筋肉が固まります。ぎっくり腰にも、軽い、重いがあり、今回はどちらかと言えば、軽い方でした。重いぎっくり腰だと、中々痛みが軽減していかない事もあります。念の為、またぎっくり腰になってしまった時の対処法をお伝えした。

掲載日:2019年09月01日

【症例報告③】長年の首の痛み、めまい

症例報告・女性

女性:50代 職業:介護士

主症状

首、肩の慢性的な痛み・腰痛。
40年程、肩こりに悩んでいらっしゃいました。ここ10年間は、月二回程度、カイロプラクティックにて施術を受けられていたとのことでしたが、根本的な解決に至らず、ずっとそれらの症状に悩まされてきたとのこと。

最初に、首の状態を確認すると、可動範囲が狭く、筋肉も硬くなっていることがわかりました。また、左を向いた時、下を向いた時、ピリッとした寝違いの時のような痛みが走るとのことで、この痛みが20年以上取れないとのことでした。同様に腰も検査したところ、やはり筋肉が硬くなっておりました。

施術

まずは、首を回した時に、痛みが出る箇所から施術。ピンポイントで筋肉の調整をしていくと、徐々にではありますが痛みが軽減していく。左に向くと痛みが走った問題は、4回程で完治。全く痛みが無くなりました。次に、下を向いた時の痛みですが、こちらは中々痛みが取れなかった為、直接痛みがある箇所の施術を続けるとともに、腰からのアプローチも行うことに。腰の筋肉を柔らかくすることで、肋骨が腰の筋肉の緊張によって下に引っ張られることが無くなり、首、肩が楽になっていきます。こちらは、8回程かかりましたが、それでも40年以上抱えていた痛みが解消されました。さらに、腰の筋肉を軟らかくしたので、腰の痛みも軽減され、朝起きた時の腰痛も無くなりました。

コメント

本来であれば、自然治癒力によって、体は勝手に良くなります。しかし、首、肩の周囲は、筋肉が過度に緊張しており、サポートなしでは改善していかない状態でした。また、体は全てが繋がっています。その為、痛みがある箇所を直接施術するだけでは改善が難しい場合、他の場所からアプローチをします。腰は、人体で最も大きな筋肉がある場所です。ここを施術することで、上半身であれば、肩こりや頭痛、背中の痛みが軽減します。

掲載日:2019年08月29日