「松戸」関連ページ

松戸のゆがみ矯正のスペシャリスト

カラダの歪みって、具体的には何がダメなの?このような疑問に今日はお答えします。

それは、「カラダの歪みにより、様々な不調が引き起こされる」からです。

慢性的な痛みや不調は、このようなカラダの歪みによて引き起こされているケースは少なくなりません。当院が、カラダ全体のバランスを整えることに、❝ひときわこだわっている❞のもこの為です。

身体全体は繋がっていますので、痛みが出ている部分だけに注目しても、改善していかない痛みや不調が多々あるのです。

当院の施術で、カラダの歪みを手技によって整えるやり方は2つです。

①筋肉をゆるめて、骨が引っ張られないようにする
②骨に直接アプローチして、直接歪みを整える


当院では、基本的に①を行います。

①をメインに行う理由は、カラダが歪んでしまう主な原因は、筋肉が緊張して骨を引っ張るからです。ですが、直接骨にアプローチした方が良いと判断した場合は、②も行います。

さらに、痛みやしびれだけではなく、例えば、カラダ歪みによって内臓へ繋がっている神経が圧迫されることで、内臓の働きが悪くなる原因にもなります。

ですから、不調の原因が良くわからい…といったお悩みをお持ちの方こそ、カラダの歪みを意識し、身体のバランスを整えることが必要ですね(^^)/

ここで、自分の体に真剣に向き合っている方へ一つだけお願いです。

あなたの痛みや不調は、これまでのあなたの生活習慣から来ています。根本的に問題を解決するに、ご自身を大事にして頂きたいのです。

しっかりと施術を受けて、日頃マイナスを作らないことが大切です。では、どんな姿勢が良くないかと言うと…

前傾姿勢を長く続けた結果、本来の首の湾曲が失われてしまった状態です。最近ではスマホ首なんて言われたりもしますね。

正常な首と比較して頂くとわかりますが、ストレートネックの場合、顔がかなり前に突き出ています。そうすると、頭の重さがもろに首に掛かりますので首の筋肉が緊張して、頭痛やめまいを引き起こす要因となります。

整形外科では、「手術」以外は、基本は湿布で対処するのみですので、症状が気になる場合は、整体にて首の歪みを矯正されることをお勧め致します(^^)/

そして、もちろん日頃の姿勢✔にもお気をつけ下さい。

パソコンをするとき、もしかしてこのような姿勢ではありませんか?

「確かに、こんな姿勢かも…でも、そんなに大したことじゃないよね、これくらい」と思ったあなた、ちょっと待ってください。

このような姿勢の悪さを、甘く見てはいけません。

この状態ですとお腹や胸は縮んでいますので、そこにある内臓、血管、神経は圧迫され続けています。腹筋運動などで一時だけ縮むのとは違い、長時間圧迫が続くと内臓同士や、内臓とその他の組織が不自然な状態であり続けると、、ひどくなると様々な部位同士が癒着してしまいます。

こうなると、常に内臓を圧迫する事になり、より重大な病気の原因になりえます。

人間の体は丈夫に出来ていますが、長い期間の悪い姿勢や生活習慣は、とても大きなトラブルになりかねません。いついかなるときも、「あなたの為に頑張ってくれている体の声を大切にしてあげてくださいね(^^)/

掲載日:2020年03月26日

慢性的な痛み、くり返す不調の原因は❝自律神経の乱れ❞だった

いつになれば、このつらい症状から解放されるのだろう…

このような悩みを何年も持ち続けていませんか?

つらい症状の原因は、人それぞれ違います。身体の歪み、筋肉の緊張、ストレス・・・沢山の要因が考えられます。

それでは一体どこに着目すればいいのか…

実は慢性的な痛いや不調で途方に暮れている方には、ある一つの共通点があったのです!

それは…

もうおわかりですね?

自律神経の乱れから来る不調の特徴は、症状が3つも4つも、またはそれ以上あることです。通常、痛みは腰なら腰だけ、首なら首だけと一カ所です。

それが、頭痛やめまいがあり、さらに疲労感が抜けず、動悸もする。。
これは、自律神経の働きそのものが低下していることにより、生命力が落ちている状態と言えます。

また、下の図のように、自律神経の機能は、どんどん年を取るごとに衰えていきます。

ここまでで、自律神経の重要性はわかっていただけたと思いますが、その自律神経は一体どこからの指令で動いているのでしょうか?

そうです、「脳」です。

では、自律神経が乱れる原因は?もしかして、ここでピンと来たかもしれませんね。

答えは、「脳の疲れ」です。

・仕事のストレス
・会話
・歩行
・日常生活

全て、脳が細かい指示を全身に出して初めて可能となります。一見、歩行やジョギングは身体に疲労が溜まるように思われますが、心拍数や呼吸、血流、体温調整などで、脳も同時に疲労しています。

もちろん、悩みでストレスを抱えていたり、会話などをしても脳はどんどん疲弊してきます。

そこで、当院の出番です!(^^)/

当院では、あなたの脳から疲れを取り除き、常に「交感神経優位」になっていた自律神経を、きちんと「副交感神経優位」にスイッチング出来るように施術していきます。

その為には、バキバキしたりグイグイ押したりは逆効果なのです。

さらに、一緒に思考習慣のクセを考え、ストレスを受けにくい体質に変えて行くこともいいですね(^^)/

「脳」や「自律神経」は、私たちが到底理解出来ないような高度な機能を持っています。脳から疲れが取れ、自律神経が正しく機能し始めた時、あなたは長年の不調から解放されます(^^♪

掲載日:2020年03月22日

お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、脛の痛みと痺れ 松戸市の無痛整体

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

本日は、お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、脛の痛みとしびれについて書いていきます。

梨状筋症候群と呼ばれるものですが、レントゲンやMRIでは異常が見当たらず、原因不明の痛みやしびれとなりやすく、腰椎ヘルニアなどと診断されることもあります。

この症状は主に

・長時間座っているなど、同じ姿勢を取っている人
・ランニングやスポーツで股関節に負担が掛かっている人
・臀部を打撲した

などに多いです。

また、痛みやしびれの特徴としては

・座っていると悪化する
・歩いていて悪化する
・「電気がビリビリが流れる」「鋭い」「灼熱にような」と感じる

などがあります。

こういった症状は、臀部の筋肉が凝り固まっていることが原因で起こります。

気になる方は、試しにうつ伏せに寝てみて、お尻の痛み、又は違和感を感じる部分を押してみて下さい。強い痛みを感じる方は、このケースに当てはまります。

ここでの、注意点は自分で揉まない事です。揉んでしまうと返って筋肉を硬くしてしまうので、くれぐれもご自分で対処しないように気を付けて下さい。

また、テニスボールをお尻の下に置いてゴリゴリと圧をかける方法を推奨している治療院もみかけますが、非常に危険なので辞めて下さい。より悪化してしまうおそれがあります。

整体院 紫苑では、痛み無く股関節やお尻周辺、腰の筋肉をゆるめていくことでお尻から足先にかけての痛みやしびれを解消していきます。

掲載日:2020年03月18日