「激痛」関連ページ

【症例報告Aさん②】首、左腕、肩、腰、臀部の痛み、背中が張る、頭痛

症例報告・男性

男性:40代 職業:スーパー勤務

主症状

20代後半に、腰が痛くなり、動けなくなり、整形外科では、診断の結果、一生腰痛と付き合うことになると医師に言われる。整形外科でのリハビリにて、動ける状態に回復。しかし、常時、肩の痛み、背中の張り、腰痛があり、疲れが溜まってくると頭痛にもなるという症状を抱えることになったとのこと。その後は、カイロに12年通い、15万円のマットも購入したが、結局、慢性的な痛みが取れずに、「どうにかして欲しい」と当院に来院。

医者に、一生腰痛に悩むと言われ、現在も当院で施術を受けている方の進捗状況です。
前回の投稿はこちらをご参照下さい。

施術

今回で3回目になりますが、左腕を上げると痛かった症状は、完全に消えたとのこと。また、以前までは下を向くと首が痛かったのが無くなったとのことでした。しかし、仕事で疲労が溜まると、肩が痛くなってしまうという部分は変わらず。今回は、まず、一番、今つらいとのことだった肩へ施術をしたところ、痛みが10→6に変化しました。その後は、根本改善に向けて、腰の筋肉を軟らかくすることを行いました。

コメント

左腕の痛みなど、完治した部位もありますが、腰の緊張が原因で発症している肩の痛みや背中の張り、腰痛などは、まだほとんど変化はありません。背中の張りなどは、脊柱起立筋の緊張が原因ですが、これを解消してくには腰の筋肉を外側から軟らかくしていく必要があり、時間が掛かります。痛みは、原因となっている部分の筋肉の緊張が無くなれば消えますが、そこまで至らない場合でも、周囲の筋肉の状態が軽減されてくれば、変化はしていきます。引き続き、症状の改善に向けてAさんと二人三脚でやっていきたいと思います。

掲載日:2019年09月19日

【症例報告Aさん①】首、左腕、肩、腰、臀部の痛み、背中が張る、頭痛

症例報告・男性

男性:40代 職業:スーパー勤務

主症状

20代後半に、腰が痛くなり、動けなくなり、整形外科では、診断の結果、一生腰痛と付き合うことになると医師に言われる。整形外科でのリハビリにて、動ける状態に回復。しかし、常時、肩の痛み、背中の張り、腰痛があり、疲れが溜まってくると頭痛にもなるという症状を抱えることになったとのこと。その後は、カイロに12年通い、15万円のマットも購入したが、結局、慢性的な痛みが取れずに、「どうにかして欲しい」と当院に来院。

検査

前提として、腰の筋肉全体が硬くなっており、その影響から背中~首まで筋肉が張っている状態。特に、脊柱起立筋の第2~第4腰椎の辺りがガチガチに硬く、本人もその場所に常に張りを感じるとのこと。体のあちこちから痛みがあり、それをずっと我慢しながら生活してきたとのこと。

施術

最初に、根本原因は、腰の筋肉の緊張であり、改善していくには時間が必要だとお伝えしました。その上で、ご本人と相談し、特に痛みを感じる箇所と、根本原因となる腰の筋肉を軟らかくしていく施術を並行して行っていくことにしました。まず、左腕が上がりずらい問題ですが、こちらは脇の下の筋肉の緊張を取り除くことで、すぐに解決しました。その後、肩の痛みが出ている箇所を施術すると、痛みが10から6に減りました。しかし、こちらは腰の状態を改善させていかないとまた痛みが繰り返す部位ですので、その点は、きちんと説明させて頂きました。また、初回は、残った時間で腰に施術を行いました。

コメント

腰の筋肉の緊張がひどく、そのせいで全身が痛くなっている状態でした。とりわけ痛みを強く感じる部位に関しては、毎回施術を行いますが、腰の状態を回復させない限り、繰り返し痛みを発症するかと思われます。その為、首や肩3、腰7の割合で施術を行っていくことにしました。「時間はかなり必要ですが、良くはなります」とお伝えし、ご本人と相談の上、週一回ペースで施術を続けていくことになりました。

掲載日:2019年09月18日

【症例報告⑨】腰の痛み

症例報告・男性

男性:20代 職業:営業

主症状

腰の痛み。野球でバットを振った際に、腰を痛め、かなりの激痛だったとのことでした。来院前日に痛めたが、1日経過したら、痛みは大分軽減されたとのこと。

施術

お話をお伺いすると、元々腰が慢性的に痛いとのことで、腰を触ってみると、筋肉が硬く緊張していました。痛い場所を確認し、施術をすると、痛みはほとんど解消されました。

コメント

バットを振った際、腰の筋肉(筋繊維)が切れないように、体が瞬間的に筋肉を固めます。それによって、腰の筋肉部分が血行不良をおこし、痛みが出たと考えられます。幸いにも、1日で大分回復したようなので、筋繊維が断裂したりなど、大きな怪我にはなっていなかったようです。

掲載日:2019年09月06日

【症例報告⑧】ぎっくり腰

症例報告・女性

女性:30代 職業:介護士

主症状

屈んでモノを取ろうとしたところ、急に腰が激しく痛み出したとのこと。普段から、起床時に腰が痛みを感じたり、長時間イスに座ると、重だるくなったりしていたそうです。

施術

ヒアリングと、体の状態確認をしてみると、患部が熱を持っているわけではなかったようなので、腰の筋肉の緊張が原因だと判断し、腰の筋肉を軟らかくしていくことに。来院時は、痛みで歩くのもやっとの状態。今回のケースでは、通常の施術時間内で、痛みは軽減していったものの、翌日に仕事があり、より改善して行きたいとの希望があった為、時間を延長して施術。結果、痛みはまだあるものの、我慢すれば、とりあえず歩ける状態まで回復。様子を見ることとなりました。

コメント

お話をお伺いすると、以前にもぎっくり腰になった事があったとのこと。ぎっくり腰になる方は、必ず腰のどこかに硬結、もしくは石灰化した箇所があり、何か負担が発生したときに、その部分から筋肉が固まります。ぎっくり腰にも、軽い、重いがあり、今回はどちらかと言えば、軽い方でした。重いぎっくり腰だと、中々痛みが軽減していかない事もあります。念の為、またぎっくり腰になってしまった時の対処法をお伝えした。

掲載日:2019年09月01日

【症例報告⑦】肩の痛み、腕が上らない

症例報告・女性

女性:50代 職業:介護士

主症状

右肩が痛く、腕が上らない

施術

右腕を横から上に上げようとすると、激し痛みがあり、水平以上、上がらない状況でした。右肩周辺の筋肉の状態を確認すると、大胸筋の緊張、大円筋、広背筋の緊張がみられましたので、該当部位の筋肉を施術。そうすると、腕が真っすぐ上まで上がるようになり、痛みもなくなる。2回目に来院された際には、少し痛みが戻っていたものの、前回よりは稼働も痛みも減少している状態だったので、再度、緊張している筋肉を軟らかくし、経過を見て頂く事となりました。

コメント

痛みが出ている箇所は、右肩でしたが、実際は、大胸筋の筋肉の緊張が大きな要因となっておりました。大胸筋は、上腕骨に付着している為、ここの筋肉が緊張すると、肩が痛いように感じます。こちらの方は、腕を動かした方が治りが早いと考え、膝をついて負荷を軽くして腕立て伏せをされていましたが、痛いときは、無理して動かさないようにして下さい。余計に筋肉が緊張してしまいますので、ご注意ください。

掲載日:2019年08月30日