「生活習慣」関連ページ

自律神経の乱れと頭痛、肩こり、首の痛みの関係性

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

近年、医療業界も注目し始めた自律神経の働き…当院では、筋力に変化を指標に自律神経の乱れをチェックしています。自律神経が正常に働いているかどうかは、様々な病気や不調から回復する為にとても重要です。

そもそも、自律神経って何??( ;∀;)
という方の為に、簡単に説明しますね。

自律神経とは、平たくいえば「生きる力そのもの」と言えます(^^)/
24時間、私たちが生きる為に懸命に働いてくれています。

つまり、この自律神経に乱れが生じ正常に働かなくなるということは、「生命力そのものが弱体化」することと、同じ意味なのです。

生命力が弱くなると言う事は、「免疫力が弱る、回復力が落ちる、様々な身体の修復が進まない」などなど、様々な不具合が生じてきます。

自律神経は

・交感神経
・副交感神経


の2種類があります。

交感神経は、主に日中に働き、活動したりストレスを感じている時に働きます。

反対に、副交感神経は、眠っている時、休んでいる時に働きます。

本来、この2つの神経がバランス良く働くことにより、日中のパフォーマンスを発揮し、そして休息によって疲れを回復させています。

ところが、現代では、多くの人がこのバランスを崩してしまっています((+_+))


常に不安感やストレス過多の状態にさらされ、交感神経から副交感神経にスイッチングが出来なくなってしまっています。

すると、身体はずっと緊張状態が続いてしまい身体の休息モードに入ることが出来ません。

そうすると、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、更年期などの不調から回復しづらい状態になってしまいます。

その為、当院では自律神経を整えることを最優先に行っています。

自律神経を整えることで、本来の体にある自然治癒力が発揮され、不調は自然と改善されていきます。

ちなみに、副交感神経の働きは20代を目途に50代では半減してしまうことがわかっています。そもそもの回復力も落ちていってしまうということですね( ..)φメモ

落ち着いて、身体を整えつつ、あなたの自律神経を乱す生活習慣、思考習慣を改善して行きましょう(^^♪

掲載日:2020年03月20日

その痛み、ストレートネックが要因?

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

朝目覚めたら、首が痛くて全然動かなくなってしまっていたんです。。

こういう症状を訴えて当院に来られる方が沢山います。

その中には、以前に車で追突事故を起こしてしまい、それ以来ずっと後遺症が取れないという、いわゆる古傷を持った方もおりますが、、

当院に来られるほとんどの方は、「特に昔スポーツや事故で首をケガした記憶はないんです。」とおっしゃいます。

では、一体何が原因なのでしょうか。

これは、先日、当院にお越しいただいた40代の女性の例です。

この方の場合、首を動かそうとすると両方の肩甲骨の中央辺りが一番鋭く痛み、特に上を向くのがしんどいとのことでした。

首をチェックすると、いわゆる「ストレートネック」といわれる状態で、頸椎の湾曲が失われ、頭の重さが首周辺の筋肉にまともに掛かってしまっておりました。最近では、スマホ首といわれるものです。




当院では、ひとり一人のお客様に合わせ、最善と思われる施術をしていきますが、直接患部に触れないで施術をしていくケースがほとんどです。患部が炎症している場合、さらに炎症がひどくなるからです。

今回のケースでも、うつ伏せになってもらい尾てい骨から刺激を入れていき、首までゆらぎを伝えます。そうすると、首周辺を直接触れることなく弛ませることが出来ます。

筋肉がゆるむと、その部分の血流が改善されます。そうして、筋肉が本来の自然体の状態に戻ると、緊張した筋肉によってガチガチになっていた頸椎への負担が減り首が回るようになってきます。

回数を重ねて頸椎が正常な位置に戻りましたら、今度は仰向けでストレートネックの矯正を行います。これは、首に負担が掛かりやすい状態を再発しづらい状態に変え、痛みをくり返さないようにする為です。

例えるならば、身体に痛みがある状態がマイナス、痛みが無くなった地点を0とした時に、より身体を良い状態、つまりプラスにしていき余裕を持たせるということです。

こうすることによって、多少の負担が掛かってもへっちゃらな身体に変えて行きます。しかし、こういった痛みが発生する根本原因には、日常生活での姿勢などの影響が強いので、施術に加え日頃の生活習慣も変えていくと尚、快適な生活が送れるようになります。

掲載日:2020年03月17日

【しくじり談】自分の不調について

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

突然ですが、実はつい最近、めまいがしてました。

くらくらして、起きているのも結構つらい状態が一週間程度続いていました。自分で治療家やっていて、体調が悪かったとは言いづらいのですが、もしかして不調の方の参考になるかと思い、正直に書きます。


最初に結論から言います。
原因は、寝不足でした。


ここ数日、色々と忙しく毎日3~4時間の睡眠で活動をしていたのが問題だったようです。

私はセルフで治療が出来ますので、自分の体の状態(筋肉の状態)は常に万全にしてあります。それでも、眩暈が止まらなかったので、恐らく食事か睡眠のどちらかに問題があると考えましたが、睡眠の方でした。

1日ぐっすり寝ると、翌日は大分スッキリと回復し、念の為、次の日も睡眠時間を多めに確保すると、ほぼ通常の健康的な状態に戻りました。


今回の件で、改めて、生活習慣の大切さを実感致しました。いくら、体の血流が良い状態に仕上げていても、疲れが限界を超えると、不調になります。治療家として、自己の健康管理はしっかり出来ないと、説得力がありませんので、気を付けたいと思います。


私は、あまり気にし過ぎは良くないと考えているタイプなので、睡眠時間などにはこだわりませんが、一定以上の時間は確保すべきですね。

とはいえ、私のように、睡眠不足での眩暈は、寝れば治ります。

しかし、寝ても治らない場合は、首の筋肉の硬直により血流が頭まで上がっていかない事が原因となっている場合があります。

例えば、ガチガチに硬まった首の筋肉の緊張は、いくら寝ても取れませんので、その場合は、筋肉を弛めていく必要があります。

首はもちろんのこと、全身を整えていく事が大切です。

生活習慣(睡眠時間を確保する)だけでは、改善していかない場合も沢山ありますので、その場合は、落ち着いて眩暈の原因を探っていかなければなりません。

体調を崩してしまう方は、頑張り屋さんが多いです。もっと自分自身を大切にして下さいね。あなたの笑顔が何よりも大事なものなんてありません。

それでは、皆様、適度な休息をし、疲労を溜め過ぎないようにお気をつけ下さい。


掲載日:2019年09月26日

【症例報告②】膝の痛み

症例報告・女性

女性:50代 職業:ケアマネージャー

主症状

左膝の痛み

施術

膝に負担が掛からない態勢では痛みはないが、膝を曲げたり階段を上ったりすると痛みが出るとのこと。まずは、無理のない範囲で痛みが出る動作をやって頂くと、やはり屈伸運動で痛みが出るとのことでした。続いて、筋肉の状態を確認してみると、膝の関連筋肉に緊張がありました。今回は、該当箇所の筋肉を施術すると、すぐに痛みが軽減しました。

コメント

ご本人は、骨に異常があるのではないかと心配されていましたが、骨の問題ではなく、筋肉の緊張が痛みの原因でした。このように、膝痛の場合、骨の異常を心配される方が多いですが、ほとんどの場合は、筋肉の緊張を取っていけば痛みは改善していきます。しかし、一時的に膝の痛みが軽減しても、また繰り返すような場合、日常の生活習慣の見直しや、腰の筋肉を軟らかくして、下半身への血流を促すことが必要となります。

掲載日:2019年08月29日