「男性」関連ページ

【症例報告⑮】仙骨周辺の痛み

症例報告・男性

男性:30代 職業:フリーランス

主症状

仙骨周辺に常に痛みがあり、中腰になると腰もつらい

施術

まず初めにお伝えしたのは、仙骨周辺の痛みの場合は、改善までにかなり時間が掛かるということです。
痛みの原因となっている箇所は、腰椎の近く、つまり腰の表面ではなく、深部ということになります。
その為、短時間では問題の箇所の筋肉を軟らかくすることは出来ません。この男性の場合は、30回以上かかりました。
それでも、大分痛みは改善しましたものの、まだ多少の痛みは残っているという状態です。
しかし、10年以上続いた痛みが大きく軽減されたとのことで、ご本人も日常生活が楽になったとおっしゃっていました。

コメント

痛みを訴えている場所によって、改善までに掛かる時間は違います。
仙骨部の痛みは、腰の深部に原因がありますので時間が必要でした。
最初は、週二回のペースで来院されていましたが、痛みが軽減してきたので、現在は頻度を落として来院されています。

掲載日:2019年10月14日

【症例報告⑭】ふくらはぎの痛み

症例報告・男性

男性:30代 職業:営業

主症状

疲労が溜まってくると、ふくらはぎが痛む

施術

普段からランニングを日課とされており、来院された前日も20キロ程、走ったとのことでした。
以前より、疲労が溜まってくると、右ふくらはぎに痛みが出るとのこと。検査してみると、左と比較して 筋肉が緊張しており、手の平で押すと痛みが出る状態でした。
施術によって、ふくらはぎの筋肉を軟らかくすると 痛みは全く無くなりました。

コメント

この方の場合、以前にも同様に右ふくらはぎに痛みが出ておりました。
左ふくらはぎは全く問題が出ないことから 、恐らく走り方、もしくは日常生活のクセで右に体重が掛かりやすいと思われます。
マラソンのフォームをいきな り変えるのは難しいので、日常生活で、無意識に右に体重が掛かっていないか気を付けて頂くよう、お伝えしました。

掲載日:2019年10月07日

【症例報告⑫】寝違い、首の痛み

症例報告・男性

男性:30代 職業:看護師

寝違いで、3日前より首が痛み、ほとんど動かすことが出来ないとのことで来院されました。

主症状

首の痛み

施術

首の稼働を検査すると、後ろに倒す以外の動作が、ほとんど出来ない状態でした。まず、ご本人に首を動かした時に痛むカ所を確認し、最も痛いところから取り掛かります。最初は、首というより、左の肩の首に近い部分が最も痛いという訴えでしたので、そこから施術。その場所の筋肉を軟らかくしていきます。その後は、痛みの優先順位が入れ替わりますので、二番目に痛かった場所を施術。その繰り返しで、徐々に痛みが取れていくと、自然と首が一般的な稼働が出来るまでに回復。

コメント

腰から上の筋肉が全部硬い状態でしたので、普段から寝違いを起こすのかとお伺いすると、一年に最低でも1回は寝違えるとのこと。寝違いは、通常は体の筋肉の状態が良ければ、余程の過労状態にならないと起こりません。この男性の場合、腰が明らかに平均より硬い状態でしたので、それが原因となり、肩、首の筋肉に悪い影響を与えていました。一回の施術で、痛みはほとんど取れましたが、腰も常に張った感じがあるとのお話があり、また来週ご来院頂く運びとなりました。このように、定期的に体が何かのトラブルに見舞われる方は、何か体に問題が起っているというサインになります。そのサインを見逃さずに、しっかりとケアをして頂きたいです。

掲載日:2019年09月28日

【症例報告Aさん②】首、左腕、肩、腰、臀部の痛み、背中が張る、頭痛

症例報告・男性

男性:40代 職業:スーパー勤務

主症状

20代後半に、腰が痛くなり、動けなくなり、整形外科では、診断の結果、一生腰痛と付き合うことになると医師に言われる。整形外科でのリハビリにて、動ける状態に回復。しかし、常時、肩の痛み、背中の張り、腰痛があり、疲れが溜まってくると頭痛にもなるという症状を抱えることになったとのこと。その後は、カイロに12年通い、15万円のマットも購入したが、結局、慢性的な痛みが取れずに、「どうにかして欲しい」と当院に来院。

医者に、一生腰痛に悩むと言われ、現在も当院で施術を受けている方の進捗状況です。
前回の投稿はこちらをご参照下さい。

施術

今回で3回目になりますが、左腕を上げると痛かった症状は、完全に消えたとのこと。また、以前までは下を向くと首が痛かったのが無くなったとのことでした。しかし、仕事で疲労が溜まると、肩が痛くなってしまうという部分は変わらず。今回は、まず、一番、今つらいとのことだった肩へ施術をしたところ、痛みが10→6に変化しました。その後は、根本改善に向けて、腰の筋肉を軟らかくすることを行いました。

コメント

左腕の痛みなど、完治した部位もありますが、腰の緊張が原因で発症している肩の痛みや背中の張り、腰痛などは、まだほとんど変化はありません。背中の張りなどは、脊柱起立筋の緊張が原因ですが、これを解消してくには腰の筋肉を外側から軟らかくしていく必要があり、時間が掛かります。痛みは、原因となっている部分の筋肉の緊張が無くなれば消えますが、そこまで至らない場合でも、周囲の筋肉の状態が軽減されてくれば、変化はしていきます。引き続き、症状の改善に向けてAさんと二人三脚でやっていきたいと思います。

掲載日:2019年09月19日

【症例報告Aさん①】首、左腕、肩、腰、臀部の痛み、背中が張る、頭痛

症例報告・男性

男性:40代 職業:スーパー勤務

主症状

20代後半に、腰が痛くなり、動けなくなり、整形外科では、診断の結果、一生腰痛と付き合うことになると医師に言われる。整形外科でのリハビリにて、動ける状態に回復。しかし、常時、肩の痛み、背中の張り、腰痛があり、疲れが溜まってくると頭痛にもなるという症状を抱えることになったとのこと。その後は、カイロに12年通い、15万円のマットも購入したが、結局、慢性的な痛みが取れずに、「どうにかして欲しい」と当院に来院。

検査

前提として、腰の筋肉全体が硬くなっており、その影響から背中~首まで筋肉が張っている状態。特に、脊柱起立筋の第2~第4腰椎の辺りがガチガチに硬く、本人もその場所に常に張りを感じるとのこと。体のあちこちから痛みがあり、それをずっと我慢しながら生活してきたとのこと。

施術

最初に、根本原因は、腰の筋肉の緊張であり、改善していくには時間が必要だとお伝えしました。その上で、ご本人と相談し、特に痛みを感じる箇所と、根本原因となる腰の筋肉を軟らかくしていく施術を並行して行っていくことにしました。まず、左腕が上がりずらい問題ですが、こちらは脇の下の筋肉の緊張を取り除くことで、すぐに解決しました。その後、肩の痛みが出ている箇所を施術すると、痛みが10から6に減りました。しかし、こちらは腰の状態を改善させていかないとまた痛みが繰り返す部位ですので、その点は、きちんと説明させて頂きました。また、初回は、残った時間で腰に施術を行いました。

コメント

腰の筋肉の緊張がひどく、そのせいで全身が痛くなっている状態でした。とりわけ痛みを強く感じる部位に関しては、毎回施術を行いますが、腰の状態を回復させない限り、繰り返し痛みを発症するかと思われます。その為、首や肩3、腰7の割合で施術を行っていくことにしました。「時間はかなり必要ですが、良くはなります」とお伝えし、ご本人と相談の上、週一回ペースで施術を続けていくことになりました。

掲載日:2019年09月18日

【症例報告⑨】腰の痛み

症例報告・男性

男性:20代 職業:営業

主症状

腰の痛み。野球でバットを振った際に、腰を痛め、かなりの激痛だったとのことでした。来院前日に痛めたが、1日経過したら、痛みは大分軽減されたとのこと。

施術

お話をお伺いすると、元々腰が慢性的に痛いとのことで、腰を触ってみると、筋肉が硬く緊張していました。痛い場所を確認し、施術をすると、痛みはほとんど解消されました。

コメント

バットを振った際、腰の筋肉(筋繊維)が切れないように、体が瞬間的に筋肉を固めます。それによって、腰の筋肉部分が血行不良をおこし、痛みが出たと考えられます。幸いにも、1日で大分回復したようなので、筋繊維が断裂したりなど、大きな怪我にはなっていなかったようです。

掲載日:2019年09月06日

【症例報告⑤】左肩が挙がりづらい

症例報告・男性

男性:40代 職業:スーパー勤務

主症状

左肩の痛み。左肩が挙がりづらく、腕を回旋させると痛みが出るとのこと。

施術

挙動確認をすると、左肩が挙がりづらく、耳まで手がつかない状態。最初は、大胸筋の緊張による影響を考え、施術を行ったがあまり変化は出ず。引き続き、肩回り周辺を触診していくと、左の脇の下に筋肉の緊張が見つかったので、該当箇所の筋肉を軟らかくしていくと、左肩を挙げたり、回旋しても痛みがなくなりました。

コメント

本来であれば、自然と筋肉の緊張は抜けていくものですが、このようなケースのように、慢性的な痛みが続く場合には、筋肉をピンポイントで軟らかくしていく必要があります。

掲載日:2019年08月29日

【症例報告④】首、肩の痛み

症例報告・男性

男性:40代 職業:教師

主症状

首、肩の痛み。お話をお伺いすると半年前から痛みが始まり、それから一向に痛みが軽減していかないとのことでした。通常の痛みであれば、日数が経過するにつれ、自然治癒力によって徐々に回復していきます。半年も痛い状態というのは、明らかに該当箇所の筋肉に問題があります。

施術

右腕を挙上して頂くと、特に問題なく耳に腕が付きますが、左腕は、45度ぐらいまでしか挙上出来ず、それ以上は痛みが走る状態。連動して、肩甲骨周りも痛いとのこと。また、首も可動範囲が狭く、その狭い範囲の稼働でさえも、痛みが出るとのことでした。

まずは、一番痛みがひどく気になっている箇所をお伺いすると、首の痛みとのことでしたので、そこから施術。首の筋肉の緊張を取っていくと、徐々に痛みが軽減していくとともに、可動範囲も拡大していきます。次に、左肩周辺を触ってみると、鎖骨の下の筋肉が特に緊張していることがわかりましたので、そこの緊張を取っていくと、痛みも軽減、肩も徐々に挙がるようになりました。計5回程掛かりましたが、半年間抱えていた痛みがほぼ解消されました。

コメント

こちらの男性の場合、週に2,3回のウエイトトレーニングを、痛みが出た後も続けておられました。その為、最初に予約を取られた段階で、すぐに筋肉トレーニングを完全に中止するようにお伝えしました。このように、痛みがずっと続く場合、該当箇所の筋肉に負荷を掛けることは、絶対にNGです。治るどころか、より悪化する恐れもあります。慢性的な症状がある場合、早い段階でお越し頂くと、やはり回復も早いです。我慢せずに、ご相談頂けましたら幸いです。

掲載日:2019年08月29日