「疲労」関連ページ

睡眠について驚きのデータ発見!

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

突然ですが、睡眠に関する興味深い本を見つけました。


スタンフォード式 最高の睡眠』の著者である西野精治氏は、スタンフォード大学医学部教授・同大学睡眠生体リズム研究所の所長をされています。

「睡眠研究の総本山」と呼ばれるスタンフォード大学で、30年以上も睡眠を研究しているまさに、睡眠に関するプロフェッショナルの方です。


1. 睡眠によりパフォーマンスが向上

睡眠に関する様々な実験研究のうち、私が特に気になったのはスタンフォードの男子バスケットボールの選集10人を対象に行われた実験です。

40日間、毎晩10時間ベッドに入ってもらい、実験前と後でどのようにパフォーマンスに変化があるかを調べるというものです。元々高いレベルでプレーしている選手達を対象とした実験ですので、短期間でのパフォーマンスの向上は難しいと思われていたようです。

しかし、結果は、、、
80mの反復走り 16.2秒 ➡ 15.5秒
フリースロー  10本/8本 ➡ 10本/9.1本
スリーポイント 15本/10本 ➡ 15本/11.4本
という、驚く程の変化があったそうです。

そして、その変化が睡眠によるものだったことは、実験が終了し、睡眠時間が元に戻ったとたん、記録が実験開始前に戻ったことで証明されました。

これって、とてもすごい事だと思いませんか?

いかに、睡眠が人のパフォーマンスに重要かがこれでわかります。私も、れまで寝過ぎはよくないと、漠然と考えておりましたが、時間が許されるのであれば
睡眠を多くとった方が、人は力を発揮出来る可能性が高いということがわかりました。

プロのスポーツ選手は、一体どれぐらい睡眠時間を確保しているのかが、気になります。上記の変化は、プロ選手にとっては、あり得ない程の向上でしょうから、ベストパフォーマンスを狙うプロであれば、とにかく寝た方が良いということになります。

しかし、現実的には、日本人の平均睡眠時間は、およそ6.5時間とうデータがありますし、そもそも日本で社会生活を営むうえで、十分な睡眠時間を確保することは、難しいのかもしれません。


3. まとめ

今回、私も、以前に自分の不調が睡眠不足が原因だったことを書きましたが、
改めてどのように睡眠のコントロールの重要性を感じました。

常日頃から、健康に関して、あまり気にしない事の大切さをお伝えしておりますが、睡眠時間だけは、きちんと確保することをお勧めします。

多忙のあまり、睡眠不足が続いて、心身に悪影響が出てしまった方を沢山知っています。

食事や睡眠は、自分でコントロールが出来ます。

何となく、疲れが溜まっている、頭がスッキリしないという方は、日中のパフォーマンスを向上させる為にも、しっかりと睡眠をとって頂きたいです。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

掲載日:2019年10月08日

【症例報告⑭】ふくらはぎの痛み

症例報告・男性

男性:30代 職業:営業

主症状

疲労が溜まってくると、ふくらはぎが痛む

施術

普段からランニングを日課とされており、来院された前日も20キロ程、走ったとのことでした。
以前より、疲労が溜まってくると、右ふくらはぎに痛みが出るとのこと。検査してみると、左と比較して 筋肉が緊張しており、手の平で押すと痛みが出る状態でした。
施術によって、ふくらはぎの筋肉を軟らかくすると 痛みは全く無くなりました。

コメント

この方の場合、以前にも同様に右ふくらはぎに痛みが出ておりました。
左ふくらはぎは全く問題が出ないことから 、恐らく走り方、もしくは日常生活のクセで右に体重が掛かりやすいと思われます。
マラソンのフォームをいきな り変えるのは難しいので、日常生活で、無意識に右に体重が掛かっていないか気を付けて頂くよう、お伝えしました。

掲載日:2019年10月07日

自分の健康は自分で守るというスタンス

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

今回は、読んで頂いている方に、新しい不調に対する考え方をお伝え出来ればと思います。

「腰痛、首の痛み、肩こり、四十肩がいつになっても治らない」
「病院を回ったけど原因不明…」
「不調改善に向けて何をすればいいかわからない…」

ご安心ください、大丈夫です。私自身13年の不調が改善したように、あなたの不調はきっと良くなります。

1. 自分の健康は自分で守る

私は17歳のある日から13年間に渡り、毎日頭痛、全身疲労、極度の眠気、だるさに苦しんでいました。それが整体との出会いによって、今では体の不調がウソのようになくなり、明るく楽しく毎日を送れるようになりました。

不調から脱出への転機は、「考え方」を変えた事。自分の現実は、自分が作っているという事実に気づけたからです。

この記事は、原因不明のつらい症状があり、どうすればいいかわからない…と、途方に暮れている不安に方に向けて書いています。

・病院で自律神経失調症と診断された
・頭痛、めまい、動悸などの不調に常に悩まされている
・常に首や肩こりがひどく、仕事のやる気がでない


「どこに行っても治らない」「もうこの痛みとずっと付き合わなくてはいけないのでは…」と悩んでいる方や、「頭痛や肩こりがなければ、もっと楽しく過ごせるのに…」と思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。










2. 自分のせいじゃなかったら誰のせい?

僕たちは「人生という冒険」に自分で車のハンドルを握って出ています。しかし、不運にも車が故障して上手く走らなくなってしまいました。

これは一体誰のせい何でしょうか…

なぜ、あんなにボコボコした道を走ったんですか?なぜ、ちゃんとメンテナンスをしなかったんですか?

そうです、結局、運転していた僕やあなたが悪いんです。
これと同じことが、僕たちの痛みや不調にも言えます。

例えば、常習的になんらかの薬を服薬していたとします。その薬の成分中に、筋肉を硬くする成分が入っていたとしたら、当然、長期の服用で体の筋肉は徐々に硬くなり、痛みや不調を招くことに繋がります。

こういったケースでは、悪いのは一体誰なんでしょうか?

そのような作用をちゃんと伝えずに、処方した医師なのか、それとも製薬会社なのか、責任の所在はどこに?

結論ですが、色々と思うことはあっても、もう結局は「自分」と答えるしかないかと思います。

薬は、プラスの効果とマイナスの効果(副作用)がありますが、今はネットが使えますので、自分の飲んでいる薬の成分や副作用も簡単に調べる事が出来ます。

じゃあ、なぜこんなに副作用がオブラートに包まれたまま、大量に薬が出回っているのかという事になりますが、製薬会社は、薬を売らなければならないし、医師も診断した以上、なんからの薬を処方するのが日本では普通になってしまっています。

とはいえ、日本ほど、こんなに頻繁に薬を処方している国はないらしいので、海外の先進国と比べると、まだまだ改善していくべき部分なのかなと思います。

しかし、社会の構造はそう簡単には変わっていかないでしょうから、結局のところ、「自己防衛」していく必要がります。

「なんだか、薬を飲まない方がいい」といった感じの話になってしまいましたが、言いたい事はそうではありません。先ほども書きましたが、薬にはプラスの効果と、マイナスの効果がありますので、その両方を鑑みて、メリットが大きいようであれば服薬もありだと思います。

結局のところ、最終的に薬を飲む決断をして、実行しているのは、その人自身ですし、最終的に不調になって困るのも本人です。

「健康は他人事ではなく、責任を負うものは自分自身」ということをお伝えしたく、このようなことを書きました。

同様に、睡眠時間も、食事内容も、巷にありふれた情報に振り回され過ぎないように気を付けて下さい。

特に、「食事」に関しては、健康を左右する主要条件であるうち、完全に自分の意思でコントロール出来るものです。

自分の行動次第で、健康にも不健康にもなり得ます。ですから、自分にとって「どうすればより元気に毎日を過ごす事が出来るのか」自分の体を使って実験をしつつ、ライフスタイルを確立していったら、楽しいかもしれません。

3. まとめ

どこに行っても治らない頭痛、めまい、だるさ、動悸、不安感、肩こり、首の痛み、背中の痛みなどに対する「考え方」について記事を書きましたが、如何でしたでしょうか?

「不調は、自分自身の行動の結果」と捉え直せば、自分の意識や行動が変わり、生活習慣や思考習慣が変わってきます。僕自身も、この事実に気づいてから自分でしっかりと情報の取捨選択をして本気で不調を治すことに決めました。

そうすると、自然と自分に本当に必要な治療法が見つかったりするものです。

当院では、僕が長年かけて研究してきた不調に対する知識や考え方を施術以外にも提供し、より不調でつらい思いをしている方が早く良くなって頂くように指導しています。

いつでもお気軽にご相談くださいね。

それでは、あなたとのご縁があることを楽しみにしています。

掲載日:2019年10月04日

いつも憂鬱…性格のせい?

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

不調に長く苦しんでいると、体が悪いから憂鬱なのか、もともとそんな気質なのか、わけがわからなくなると思います。

「いつも、不調で家族に迷惑を掛けてばっかり…」
「イライラして、親に当たってしまった」
「自分がどうしたいのか、わからない…」

自分がコントロール出来ずに、自己嫌悪になる…

私もそうでした。

大丈夫です。私自身15年の不調が改善したように、あなたの不調はきっと良くなります。

1. いつも憂鬱なのは性格のせい?

私は17歳のある日から13年間に渡り、毎日頭痛、全身疲労、極度の眠気、だるさに苦しんでいました。それが整体との出会いによって、今では体の不調がウソのようになくなり、明るく楽しく毎日を送れるようになりました。
現在は整体師として活動し、私と同じように悩んでいる方の手助けをしています。

この記事では、不調に苦しむあまりに、自己嫌悪に陥ってしまっているあなたへ、心と体の関係について伝えたいと思います。

・いつも憂鬱でつらい
・不調で人生が思うようにいかずに嫌になる
・家族にもう迷惑かけたくない


「もっと自分を好きになりたい」「なんとか今のつらい気持ちを解消したい…」と悩んでいる方や、「自己嫌悪をやめて、毎日楽しい日々を送りたい」と思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

もちろん、いつも憂鬱なのは性格のせいではありません。最後まで読んで頂くとわかります。

2. 病気は気からってホント?

昔から、「病気は気から」という考え方があります。きっと、どこかで聞いたことある言葉だと思います。確かに、いつも気合が入っていると病気になんかにならなそうですよね。

でもちょっと待ってください。その考え方、実は危険なんです。

例えるなら、あなたは今、濁流の中で溺れている状態です。果たして、気合でなんとかなりますか?なりませんよね。ポジティブになるのも無理でしょう。

例えば、自律神経の不調は、良くストレスを溜めやすい性格が原因として、取り上げられます。確かに、ストレスは大きな要因ですが、それだけではありません。

むしろ、「もしかして、自律神経の不調かな?」と悩んでいる方で、全てストレスのせいで不調が起っているという方は、体感で100人に1とか2人しかいません。

3. 心と体は連動している

東洋医学には、心身一如といって心と体は密接に繋がっており、心が病めば体が弱り、体が弱くなれば心が病むという教えがあります。

不調が長く続けば、心は憂鬱になり病んでいきます。それは、性格のせいではなく、自然の摂理と言えるのではないでしょうか。

ですから、不調は気合だけでなんとかなるものでなく、体も一緒に改善していかなければならないのです。

不調でお悩みの方は、本当に真剣に悩んでいます。「病気は気から」なんて言葉を真に受けてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまい、自分を責めてしまうことがあります。

今日は、そうではなく、体の不調が必ずセットであるということを、しっかりと認識して頂きたいと思います。

4. まとめ

不調は、心の問題だと思い込んでいる方、または気合だけで解決しようとしている方向けに記事を書きましたが、いかがでしたでしょうか?つらい症状のせいで憂鬱な日々が続くと、どうしても心身共に疲弊してきてしまいます。

しかし、心と体を整えていくことで、少しづつ状況は好転していきます。

13年間、謎の不調に悩んだきた僕も、散々自己嫌悪に陥りました。でも、それはそう思い込んでいただけでした。あなたの今の不安感や、焦燥感、憂鬱な気分もきっと晴れてきますよ。

人生をより満喫する為に、当院まで心身を整えに来て下さいね。

掲載日:2019年09月29日

【症例報告⑫】寝違い、首の痛み

症例報告・男性

男性:30代 職業:看護師

寝違いで、3日前より首が痛み、ほとんど動かすことが出来ないとのことで来院されました。

主症状

首の痛み

施術

首の稼働を検査すると、後ろに倒す以外の動作が、ほとんど出来ない状態でした。まず、ご本人に首を動かした時に痛むカ所を確認し、最も痛いところから取り掛かります。最初は、首というより、左の肩の首に近い部分が最も痛いという訴えでしたので、そこから施術。その場所の筋肉を軟らかくしていきます。その後は、痛みの優先順位が入れ替わりますので、二番目に痛かった場所を施術。その繰り返しで、徐々に痛みが取れていくと、自然と首が一般的な稼働が出来るまでに回復。

コメント

腰から上の筋肉が全部硬い状態でしたので、普段から寝違いを起こすのかとお伺いすると、一年に最低でも1回は寝違えるとのこと。寝違いは、通常は体の筋肉の状態が良ければ、余程の過労状態にならないと起こりません。この男性の場合、腰が明らかに平均より硬い状態でしたので、それが原因となり、肩、首の筋肉に悪い影響を与えていました。一回の施術で、痛みはほとんど取れましたが、腰も常に張った感じがあるとのお話があり、また来週ご来院頂く運びとなりました。このように、定期的に体が何かのトラブルに見舞われる方は、何か体に問題が起っているというサインになります。そのサインを見逃さずに、しっかりとケアをして頂きたいです。

掲載日:2019年09月28日

ゆるく考えることが大切?健康への考え方

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

皆さん、健康の定義について考えたことはありますか?意外と、「健康ってどういう状態?」と聞かれたら答えられないのではないでしょうか。

今日は、あくまで、「僕はこのように考えますよ!」という個人的な考えについてお話します。

1. 完璧を求めすぎて苦しくなっていませんか?

私は17歳のある日から13年間に渡り、毎日頭痛、全身疲労、極度の眠気、だるさに苦しんでいました。それが整体との出会いによって、今では体の不調がウソのようになくなり、明るく楽しく毎日を送れるようになりました。現在は整体師として活動し、私と同じように悩んでいる方の手助けをしています。

しかし、不調の15年間は、それこそ貪るように健康法について研究し、食生活を徹底的に管理しては、ストレスを溜めすぎてどこかで暴飲暴食。常に、自分が正しく健康になる為の努力をしているか、頭の中がグルグルしていました。

この記事は、何をやっても不調が治らず、いつも健康について悩んでいる方に向けて書いています。

・いつも健康情報をネットで検索してしまう
・食事に気を使い過ぎて、どこかで暴飲暴食してしまう
・いろいろな健康情報が多すぎて、混乱している

「もう、健康を追い求めるのは疲れた」「結局何が正しい情報なのかわからない…」と悩んでいる方や、「もっと、自分なりの健康法を確立したい」と思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

2. 完璧な健康なんてない

まず、私なりの結論ですが、完璧な健康なんてあり得ない!と思ってます。
治療家が、いきなりなんてことを言うんだ、、、と思われた方、最後までとりあえず読んで欲しいです。

下記は、ある週の僕の体調に関するメモです。

月曜日:ちょっと腰に違和感
火曜日:朝だるさを感じる、食欲があまりない
水曜日:夜早い時間から、眠気に襲われる
木曜日:夕方に疲労感を感じた
金曜日:足がなんとなく重く感じる
土曜日:頭がなんだかボーっとする
日曜日:なんとなく疲労感を感じる

どうでしょうか?

この一週間は自分の体の状態に気を配り、普段気にならないような部分までメモに残してみました。

このメモだけでだと、、私が不健康に思われそうなので断っておきますが、私は非常に健康的な状態です。1週間を通して、なんらかの違和感は体に起こっていますが、特に大きなトラブルはありません。

月曜日のちょっとした腰の違和感も、1日経てば治ります。

ここで、僕にとっての健康の定義を考えてみます。


・仕事を支障なくこなせる
・慢性的なつらい痛み、不調によって、生活の満足度が下がることがない
・体調不良があっても、大抵は1日ぐっすり寝れば回復する
・嫌な事があっても、翌日まで持ち越さない


今、即興で考えてみましたが、こんなところでしょうか。


上記のようなちょっとした体の違和感は、普段は全く気にならない程度のものですし、仕事にもなんの支障もありませんので、僕の健康の定義では、上記に上げた一週間は、健康だったと言えます。

そもそもいつも完璧な健康体であることは、生きている限り難しいと思っています。重要なのは、不調が起こったとしても、すみやかに体が良好な状態に戻る回復力をきちんと備えているかだと思うのです。


あまり完璧主義者にならないで、そこそこの状態なら「絶好調!」でいいんです。


「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
という諺がありますが、
これは「やりすぎるぐらいなら、初めからやらない方がいい」という意味です。過度な健康マニアっぷりは返ってストレスが溜まります。

昔の僕は、完全にやりすぎでした。自分で自分の首を絞めて、周りが見えなくなってしまい、このまま不調が治らないなら、いっそ。。。と良くないことを毎日考えていました。

これでは、先にメンタルがやられてしまいますよね。今不調でお悩みの方のつらさはわかります、でも考え過ぎてあれもこれも完璧にやろうとするのは返って逆効果になりかねません。

多少ゆる~く考える方が、余程健康的だったりします。

3.でも、 苦し過ぎる状態は脱出したい


しかし、「常に慢性症状がある」「毎日痛み、体調不良でつらい」「いつも不安感が拭えない…」という健康状態ならば、まずはとにかく「許容範囲までは、なんとか楽になっていって欲しい」というのが私の本音です。

過度なつらい症状は、仕事や日常生活にとって、大きなマイナス要因となります。

もちろん、完治までいくのが目標ですが、最低でも「毎日つらい」➡「気になるけど、まあ大丈夫だよまで症状を軽減していく、これがとにかく一番大切な事だと思います。

症状のせいで、せっかく楽しいはずの毎日を、つらいものにして欲しくないのです。整体院紫苑は、常にそういった不調の方々に寄り添える場所でありたいと思っています。

痛みや不調を改善して、あなたらしく毎日を送れることを心より願っております。

掲載日:2019年09月21日

【症例報告Aさん②】首、左腕、肩、腰、臀部の痛み、背中が張る、頭痛

症例報告・男性

男性:40代 職業:スーパー勤務

主症状

20代後半に、腰が痛くなり、動けなくなり、整形外科では、診断の結果、一生腰痛と付き合うことになると医師に言われる。整形外科でのリハビリにて、動ける状態に回復。しかし、常時、肩の痛み、背中の張り、腰痛があり、疲れが溜まってくると頭痛にもなるという症状を抱えることになったとのこと。その後は、カイロに12年通い、15万円のマットも購入したが、結局、慢性的な痛みが取れずに、「どうにかして欲しい」と当院に来院。

医者に、一生腰痛に悩むと言われ、現在も当院で施術を受けている方の進捗状況です。
前回の投稿はこちらをご参照下さい。

施術

今回で3回目になりますが、左腕を上げると痛かった症状は、完全に消えたとのこと。また、以前までは下を向くと首が痛かったのが無くなったとのことでした。しかし、仕事で疲労が溜まると、肩が痛くなってしまうという部分は変わらず。今回は、まず、一番、今つらいとのことだった肩へ施術をしたところ、痛みが10→6に変化しました。その後は、根本改善に向けて、腰の筋肉を軟らかくすることを行いました。

コメント

左腕の痛みなど、完治した部位もありますが、腰の緊張が原因で発症している肩の痛みや背中の張り、腰痛などは、まだほとんど変化はありません。背中の張りなどは、脊柱起立筋の緊張が原因ですが、これを解消してくには腰の筋肉を外側から軟らかくしていく必要があり、時間が掛かります。痛みは、原因となっている部分の筋肉の緊張が無くなれば消えますが、そこまで至らない場合でも、周囲の筋肉の状態が軽減されてくれば、変化はしていきます。引き続き、症状の改善に向けてAさんと二人三脚でやっていきたいと思います。

掲載日:2019年09月19日

【症例報告Aさん①】首、左腕、肩、腰、臀部の痛み、背中が張る、頭痛

症例報告・男性

男性:40代 職業:スーパー勤務

主症状

20代後半に、腰が痛くなり、動けなくなり、整形外科では、診断の結果、一生腰痛と付き合うことになると医師に言われる。整形外科でのリハビリにて、動ける状態に回復。しかし、常時、肩の痛み、背中の張り、腰痛があり、疲れが溜まってくると頭痛にもなるという症状を抱えることになったとのこと。その後は、カイロに12年通い、15万円のマットも購入したが、結局、慢性的な痛みが取れずに、「どうにかして欲しい」と当院に来院。

検査

前提として、腰の筋肉全体が硬くなっており、その影響から背中~首まで筋肉が張っている状態。特に、脊柱起立筋の第2~第4腰椎の辺りがガチガチに硬く、本人もその場所に常に張りを感じるとのこと。体のあちこちから痛みがあり、それをずっと我慢しながら生活してきたとのこと。

施術

最初に、根本原因は、腰の筋肉の緊張であり、改善していくには時間が必要だとお伝えしました。その上で、ご本人と相談し、特に痛みを感じる箇所と、根本原因となる腰の筋肉を軟らかくしていく施術を並行して行っていくことにしました。まず、左腕が上がりずらい問題ですが、こちらは脇の下の筋肉の緊張を取り除くことで、すぐに解決しました。その後、肩の痛みが出ている箇所を施術すると、痛みが10から6に減りました。しかし、こちらは腰の状態を改善させていかないとまた痛みが繰り返す部位ですので、その点は、きちんと説明させて頂きました。また、初回は、残った時間で腰に施術を行いました。

コメント

腰の筋肉の緊張がひどく、そのせいで全身が痛くなっている状態でした。とりわけ痛みを強く感じる部位に関しては、毎回施術を行いますが、腰の状態を回復させない限り、繰り返し痛みを発症するかと思われます。その為、首や肩3、腰7の割合で施術を行っていくことにしました。「時間はかなり必要ですが、良くはなります」とお伝えし、ご本人と相談の上、週一回ペースで施術を続けていくことになりました。

掲載日:2019年09月18日

筋肉の緊張をとるだけ?原因不明の痛みや謎の不調を改善する方法

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

この記事を読んでくれているのは、原因不明の痛みや不調でお悩みの方だと思います。

「この頭痛がなかったら、もっと明るく家族と話せるのに…」
「この肩こりがなかったら、もっと長い時間楽しく働けるのに…」
「この体のだるさがなかったら、もっと友達と出かけたり旅行に行ったりできるのに…

ご安心下さい、大丈夫です。私自身13年の不調が改善したように、あなたの不調はきっと良くなります。

1. 謎の不調で途方に暮れていませんか?

私は17歳のある日から13年間に渡り、毎日頭痛、全身疲労、極度の眠気、だるさに苦しんでいました。それが整体との出会いによって、今では体の不調がウソのようになくなり、明るく楽しく毎日を送れるようになりました。
現在は整体師として活動し、私と同じように悩んでいる方の手助けをしています。

この記事は、何をやっても改善しない繰り返す不調に悩んでいる方に向けて書いています。

・肩こり、頭痛、めまいに悩んでいる
・いつも疲れが取れない
・常に不安感がある


「不調の原因がわからない」「もうこの痛みとずっと付き合わなくてはいけないのでは…」と悩んでいる方や、「不調を改善してもっと人生を楽しみたい」と思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

2. 身体が不調のときに知っておきたい2つのこと

①不調には必ず原因がある

最初に、「原因と結果には法則性がある」ということをお伝えします。原因がないのに、身体の調子が悪い・・・ということは絶対にないのです。これは何も体に限った話ではありません。物事全てにおいて当てはまります。

「原因不明のつらい症状」と聞くと、どんなことを思い浮かべますか?もしかして、「元々体が弱いから・・・つらい症状が出ている」と思う方もいるのではないでしょうか?そうではないので、ご安心ください。

あなたの不調には原因があって、悪い部分が解消できれば、原因不明の不調は改善されます。

②痛みの診断名に捉われない

では、原因を見つけるには、どうすればいいのでしょうか。まずは病院で下された痛みの「診断名」に捉われないことが重要です。どういうことか、「椎間板ヘルニア」を例に紹介します。椎間板ヘルニアとは、腰痛の原因として有名ですね。

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、腰痛の自覚がある日本人は、約1000万人といわれています。

椎間板ヘルニアは、一般的にも良く知られている腰痛の原因です。しかし、実は「椎間板ヘルニア」=「痛みの原因」では無い事を知っている人はほとんどおりません。

1990年にアメリカの大学で発表された研究結果によると、腰痛の経験がない人でも半数以上の人に椎間板のふくらみが認められたそうです。また、1995年に報告された研究によると、腰痛のない健康な人でも76%に椎間板ヘルニアが認められたといいます。

つまり「椎間板ヘルニア」は、あくまで診断名で、椎間板ヘルニアの状態であっても、腰痛がない人は大勢いいるのです。

「診断名≠不調の原因」ではありません。

3. 「筋肉の緊張」がなくなれば、不調が改善される

現代では、病気やウイルスなどの原因を除けば、筋肉の緊張が痛みを発生させていることが医学的に既に分かっています。

腰が痛いのであれば、腰の筋肉を弛めていくことで、痛みが軽減できます。また、自律神経の不調による頭痛や肩こり、めまい、倦怠感などの症状も筋肉を弛めることで改善されます。

頭痛は、首の筋肉が緊張していることが原因です。首の筋肉が緊張し、脳に血流が上りづらくなった時に起こります。

また、普段から頭痛になりやすい方は、ストレスによって頭痛になった経験があるのではないでしょうか。ストレスによって、首の筋肉が通常の状態よりも緊張し、血流が悪くなり、頭痛になるのです。

同様に、ストレスで身体の調子が悪いと感じる方も多いと思いますが、それはストレスによって筋肉が緊張するからなのです。

特殊な例を挙げると、電磁波によって不調になる方もいます。これも、電磁波の影響で筋肉が緊張することが原因です。

身体の筋肉がいつも緊張状態にある人は、ちょっとしたストレスで血流が脳に上がりづらい状態になるので、身体の状態を常に良くしておくことはとても大切なことです。

「筋肉の緊張」が、いかに体にとってよくないことか、おわかり頂けたでしょうか。

腰痛の原因は、腰の緊張です。肩こりの原因は、肩回りの筋肉の緊張です。頭痛やめまいの原因は、首の緊張です。筋肉の緊張を解消すれば、原因不明の不調が改善していきます。

筋肉の緊張の解消が、不調からの解消だと書きましたが、実際には様々な要因が絡んでいます。しかし、まずは不調の原因となっている可能性が高い「筋肉の緊張」を解消することが、不調からの改善への第一歩だと考えています。

「筋肉の緊張」をなくすために、整体の施術で筋肉を弛めることはとても大切です。

 

4. 不調から抜け出す為に自分でできること

不調を改善する為に、整体の施術で筋肉を弛めること以外にも自分で出来る事があります。

・偏った食事をせず、色々な種類の食べ物を食べる。(体にいくらいいものでも、栄養に偏りが出れば毒になる)

・十分な睡眠時間を確保する

5. まとめ

原因不明の謎の不調でお困りの方向けに記事を書きましたが、どうだったでしょうか?痛みや不調が毎日続く、、というのはとてもつらいものです。しかし、あなたの謎の不調には関らず原因があります。

13年間、謎の不調に悩んできた僕だからこそ、あなたの不調のつらさがわかります。あなたの悩みを、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

痛みや不調を解消し、人生をもっと明るく楽しいものにしましょう。

掲載日:2019年08月29日