「薬」関連ページ

自分の健康は自分で守るというスタンス

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

今回は、読んで頂いている方に、新しい不調に対する考え方をお伝え出来ればと思います。

「腰痛、首の痛み、肩こり、四十肩がいつになっても治らない」
「病院を回ったけど原因不明…」
「不調改善に向けて何をすればいいかわからない…」

ご安心ください、大丈夫です。私自身13年の不調が改善したように、あなたの不調はきっと良くなります。

1. 自分の健康は自分で守る

私は17歳のある日から13年間に渡り、毎日頭痛、全身疲労、極度の眠気、だるさに苦しんでいました。それが整体との出会いによって、今では体の不調がウソのようになくなり、明るく楽しく毎日を送れるようになりました。

不調から脱出への転機は、「考え方」を変えた事。自分の現実は、自分が作っているという事実に気づけたからです。

この記事は、原因不明のつらい症状があり、どうすればいいかわからない…と、途方に暮れている不安に方に向けて書いています。

・病院で自律神経失調症と診断された
・頭痛、めまい、動悸などの不調に常に悩まされている
・常に首や肩こりがひどく、仕事のやる気がでない


「どこに行っても治らない」「もうこの痛みとずっと付き合わなくてはいけないのでは…」と悩んでいる方や、「頭痛や肩こりがなければ、もっと楽しく過ごせるのに…」と思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。










2. 自分のせいじゃなかったら誰のせい?

僕たちは「人生という冒険」に自分で車のハンドルを握って出ています。しかし、不運にも車が故障して上手く走らなくなってしまいました。

これは一体誰のせい何でしょうか…

なぜ、あんなにボコボコした道を走ったんですか?なぜ、ちゃんとメンテナンスをしなかったんですか?

そうです、結局、運転していた僕やあなたが悪いんです。
これと同じことが、僕たちの痛みや不調にも言えます。

例えば、常習的になんらかの薬を服薬していたとします。その薬の成分中に、筋肉を硬くする成分が入っていたとしたら、当然、長期の服用で体の筋肉は徐々に硬くなり、痛みや不調を招くことに繋がります。

こういったケースでは、悪いのは一体誰なんでしょうか?

そのような作用をちゃんと伝えずに、処方した医師なのか、それとも製薬会社なのか、責任の所在はどこに?

結論ですが、色々と思うことはあっても、もう結局は「自分」と答えるしかないかと思います。

薬は、プラスの効果とマイナスの効果(副作用)がありますが、今はネットが使えますので、自分の飲んでいる薬の成分や副作用も簡単に調べる事が出来ます。

じゃあ、なぜこんなに副作用がオブラートに包まれたまま、大量に薬が出回っているのかという事になりますが、製薬会社は、薬を売らなければならないし、医師も診断した以上、なんからの薬を処方するのが日本では普通になってしまっています。

とはいえ、日本ほど、こんなに頻繁に薬を処方している国はないらしいので、海外の先進国と比べると、まだまだ改善していくべき部分なのかなと思います。

しかし、社会の構造はそう簡単には変わっていかないでしょうから、結局のところ、「自己防衛」していく必要がります。

「なんだか、薬を飲まない方がいい」といった感じの話になってしまいましたが、言いたい事はそうではありません。先ほども書きましたが、薬にはプラスの効果と、マイナスの効果がありますので、その両方を鑑みて、メリットが大きいようであれば服薬もありだと思います。

結局のところ、最終的に薬を飲む決断をして、実行しているのは、その人自身ですし、最終的に不調になって困るのも本人です。

「健康は他人事ではなく、責任を負うものは自分自身」ということをお伝えしたく、このようなことを書きました。

同様に、睡眠時間も、食事内容も、巷にありふれた情報に振り回され過ぎないように気を付けて下さい。

特に、「食事」に関しては、健康を左右する主要条件であるうち、完全に自分の意思でコントロール出来るものです。

自分の行動次第で、健康にも不健康にもなり得ます。ですから、自分にとって「どうすればより元気に毎日を過ごす事が出来るのか」自分の体を使って実験をしつつ、ライフスタイルを確立していったら、楽しいかもしれません。

3. まとめ

どこに行っても治らない頭痛、めまい、だるさ、動悸、不安感、肩こり、首の痛み、背中の痛みなどに対する「考え方」について記事を書きましたが、如何でしたでしょうか?

「不調は、自分自身の行動の結果」と捉え直せば、自分の意識や行動が変わり、生活習慣や思考習慣が変わってきます。僕自身も、この事実に気づいてから自分でしっかりと情報の取捨選択をして本気で不調を治すことに決めました。

そうすると、自然と自分に本当に必要な治療法が見つかったりするものです。

当院では、僕が長年かけて研究してきた不調に対する知識や考え方を施術以外にも提供し、より不調でつらい思いをしている方が早く良くなって頂くように指導しています。

いつでもお気軽にご相談くださいね。

それでは、あなたとのご縁があることを楽しみにしています。

掲載日:2019年10月04日

たった2つのことに取り組むだけ!自律神経の不調改善

松戸駅・松戸市「整体院 紫苑」院長 松岡

こんにちは、院長の松岡です。

この記事を開いてくれたのは、もしかして「自律神経」が不調の原因ではないかと不安になっている方だと思います。

「病院で自律神経失調症と診断された、もう薬に頼るしかないのだろうか」
「私の原因不明の症状である頭痛、めまい、だるさは、もしかして自律神経の乱れが原因かも…」
「この不調がなければ、仕事に遊びに、もっと張り切れるのに…

ご安心ください、大丈夫です。私自身13年の不調が改善したように、あなたの不調はきっと良くなります。

 

1. 私の不調、もしかして自律神経のトラブルかも?

私は17歳のある日から13年間に渡り、毎日頭痛、全身疲労、極度の眠気、だるさに苦しんでいました。それが整体との出会いによって、今では体の不調がウソのようになくなり、明るく楽しく毎日を送れるようになりました。
現在は整体師として活動し、私と同じように悩んでいる方の手助けをしています。

この記事は、原因不明のつらい症状があり、もしかして自律神経の不調かも?と不安に思っている方に向けて書いています。

・病院で自律神経失調症と診断された
・自分の不調は自律神経の乱れのせいかもしれない
・頭痛、めまい、動悸などの不調に常に悩まされている

「不調の原因がわからない」「もうこの痛みとずっと付き合わなくてはいけないのでは…」と悩んでいる方や、「不調を改善してもっと人生を楽しみたい」と思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

2. 自律神経の不調、2つの特徴

①心も含めた、心身に様々な症状が出る

自律神経は、人の生命を維持する為の重要な役割を担っています。つまり、自律神経が上手く機能しなくなるということは、イコール生命力そのものが弱体化していると言えます。

主な症状として

頭痛、めまい、耳鳴り、慢性的な疲労、だるさ、動悸、ほてり、不眠、便秘、微熱、口の渇き、手足のしびれなどの身体的な症状や、不安感、焦燥感、絶望感、やる気がでない、感情がコロコロ変わるなどの精神的なものが挙げられます。

どうでしたか?

「症状が1つではなく、3つも4つもある」場合、それは自律神経の不調が関係しているせいかもしれません。

②病院で検査しても異常がない

実は自律神経失調症は、病院で検査をしても異常が見つからなかった時につけられる「診断名」です。上記のような様々な症状が出ているにも関わらず「原因不明」の場合、病院としては何らかの診断名をつけないといけません。

なぜならば、診断名をつけないと保険が使えずに、薬の処方も出来ないからです。

3. たったそれだけ?筋肉の緊張とストレス緩和

検査しても原因がわからないのであれば、改善は不可能じゃないか。そう思ってしまうかもしれません。しかし、実は病院で検査出来ない項目があります。

それは、筋肉の緊張とストレスの2つです。これらは、レントゲンでは写せません。

例えば、めまいや頭痛は、首の筋肉が緊張して症状がでますし、イライラや不安感、憂鬱などの精神的な落ち込みに関しても、首が緊張して脳に血流が上がらなければ、そういった精神状態になります。

つまり、原因不明とされていた自律神経の症状は、筋肉の緊張により血流が悪くなっていたことによって引き起こされていたということです。

もちろん、これが全てではありませんが、自律神経の不調がある方の多くは、首の筋肉が硬いのが特徴です。ですから、まずはここを解消していく必要があります。

さらに、過度なストレスも自律神経の不調に関係しています。

職場の人間関係や、家庭環境によって多くの人がストレスを抱えやすいですが、それ以外にも自分の将来への不安や、焦りなど、悩みは人それぞれです。

ストレスは生きている限りゼロにはなりませんので、なるべくストレスが溜まらないような思考習慣を身に着けていきましょう。ポイントは、焦らずに徐々に変えていく事です。今までの思考習慣がありますから、一朝一夕では変わらないですが、少しづつ思考を変えていく事でストレスに対してもヘッチャラになります。

当院では、そういった「思考習慣」を変えて行く為のお手伝いもしています。「いつもネガディブに物事を考えてしまう」「頭の中が、常にゴチャゴチャしている…」など、気になる方は、ぜひ声を掛けてくださいね。

また、即効性がある対策としては、なるべく努めてストレスの原因から離れることが良いですね。

体に対しても、心に対しても「マイナスを作らない」意識でいることは、不調改善の為にはとても大切です。

3. まとめ


頭痛、めまい、吐き気、倦怠感、動悸などの不調の原因は沢山ありますが、まずは筋肉とストレスに注目していくことから初めてみてはどうでしょうか?

つらい状況の中で、一刻も早く不調を取りたい気持ちはわかります。しかし、こんな時こそ、落ち着いて一つ一つ問題に取り組んでいくことが良い結果をもたらしてくれると僕は思っています。

痛みや不調を解消し、あなたの人生がもっと明るく楽しいものになることを、心より願っております。

掲載日:2019年08月30日

【症例報告⑥】頭痛

症例報告・女性

女性:20代 職業:鍼灸学生

主症状

頭痛が常にある。中の下ぐらいまでなら、頭痛薬で痛みが消えるが、それ以上はどうしようもなく周1回のペースで、全く首を動かせないレベルの頭痛に襲われる。頭痛は、主に後頭部に強く感じるとのこと。

施術

首の周辺の痛みを確認すると、左後頭骨と首の境目の皮膚から数センチ奥の方に痛みを感じるとのことでした。その部位の筋肉を軟らかくしていくと、その日は頭痛が解消しました。その他、首の両側面を触診すると、左側面の筋肉の緊張が強く、本人も左側により強く頭痛を感じるとのこと。2度目の来院時に、多少前よりは頭痛の程度が下がりましたという返答を頂きました。しかし、3度目の来院時に、再度話をお伺いすると、来院の3日前には、またひどい頭痛で夕方から翌朝まで横になって安静にしていたとのこと。現在は、腰の筋肉の緊張が原因で、首の筋肉も硬くなっている旨を説明し、首と腰の筋肉を継続して軟らかくしていく施術を継続している。

コメント

慢性的な頭痛の場合、根本の原因が腰の筋肉の緊張によって、上半身が緊張しているケースが多く、そちらの問題の解決をしないと、また繰り返してしまうケースがほとんどです。週一回という頻度で全く動けなくなるレベルの頭痛があれば、社会生活をしていく上でも、大きなハンデになります。今のうちに、解消に向けて根本から変えていく必要があるかと思います。このように頭痛でお悩みの方は多いと思いますので、また改善があったタイミングで症例報告を致します。

掲載日:2019年08月29日